シミと私の戦いの始まり

公開日: 

私は19歳までシミとは無縁の生活を送っていました。

夏の日差しが強い時でも日焼け止めクリームなど使ったこともなく、ファンデーションで隠さなくても肌はつやつや、洗顔クリームもドラッグストアで購入した200円程度のものを使っていました。

そんな私でしたが19歳の時にニュージーランドを訪れたからシミが大量に出来るようになってしまったのです。

ニュージーランドでは全く気にならなかったのですが日本に帰国してふと鏡を見ると大量のシミが頬骨の上あたりに出来ていたのです。

今までとかにお手入れをしなくても綺麗さを保っていた肌が自慢だったので、その時は本当にショックでした。

どうにか消すことはできないかとハイチオールCをのんだり、ケシミンを塗り込んだり、様々な抵抗をしていました。

しかし結果として出来てしまったシミが全て消えるのは難しく、私のシミ対策は「これ以上増やさない」ことにシフトしていきました。

日差しの強い日には必ず日傘を差して出かけたり、一年中日焼け止めクリームを塗ったり。

洗顔フォームも保湿力の高いものに変えて、お風呂上がりの保湿も念入りに行いました。

これだけの努力をした結果、これ以上増えるという事態は防ぐことが出来ました。

シミ対策は普段からコツコツ積み上げることが大事なのだと思いました。

毎日のスキンケア方法

今までスキンケアに対して真剣に取り組んでいなかった方だったんですが、歳を重ねるごとに気になることがどんどん出てきて、最近ではスキンケアのことしか考えていないくらいです。

毎日化粧をするので、クレンジングはどうしても必要です。

私はさっぱりするタイプが好きなので、オイルクレンジングを使っています。

クレンジングの後は、クレイ洗顔を使っています。

洗い上がりは肌が少し突っ張った感じはあるんですが、肌がとてもつるつるになるし、毛穴ケアには欠かせないです。

洗顔の後は化粧水をたっぷり塗ります。

ボディにも使えるようなプチプラで大容量の化粧水を使っています。

毎日ではないですが、ふき取り化粧水で汚れを取ってから化粧水を塗ると、化粧水が浸透しやすいと聞いたことがあるので、これも試しています。

化粧水の後は、10分間パックをしています。

1枚100円ぐらいのもので十分なのでパックは必ずしています。

冬だと暖房の風ですぐ乾燥してしまうので、パックの上からシリコンマスクをして乾燥を防いでいます。

このあとにクリームマスクをたっぷり塗って、顔まわりや首など軽くマッサージをして終了です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑