潤いのある肌をキープ

公開日: 

今は男性女性問わずスキンケアをしている人は多いと思います。

僕は乾燥肌で冬は特にひどいので化粧水の量を多めに付けています。

エステも月に1回行っているのですが、潤いをキープするにはやはりホームケアは欠かせません。

朝と夜毎日スキンケアをしているのですが、まずはクレンジングと洗顔をしてから化粧水、美容液、乳液、保湿クリームを塗っています。

化粧水などすべてにおいてただ塗るだけだとせっかくいい商品を使っていても効果が半減してしまいます。

もちろん量もそうですが、塗り方も大きく影響してきます。

プロのエステティシャンのようにはいかなくても自分でもしっかりホームケアをしていると潤いをキープできます。

昔からホームケアはしていたのですが、今ほど本格的にはしていなかったので、潤いをキープできていませんでした。

きっかけは乾燥肌がひどくてだいぶ気になっていたところにたまたまエステのダイレクトメールが来たことから始まりました。

もうすぐ3年になりますがやり続けていた甲斐があって効果は絶大です。

乾燥肌対策は以外と簡単?

寒い冬場は乾燥に悩まされる方は多いと思います。

冬場は仕方がないと諦めるのはまだ早いです!乾燥肌対策は以外と簡単に行えます。

ポイントは4つです。

1.「洗顔時の温度はぬるま湯」
これはとても重要なポイントになります。

1番乾燥を招いてしまうのが40℃以上のお湯です。

お肌の潤いを保ってくれる働きがある皮脂が洗い流されてしまうからです。

皮脂があることによりお肌は潤いを保てるため、38℃前後のぬるま湯が1番最適な温度帯です。

2.「優しく押さえ拭き」
お肌をゴシゴシと拭いてしまうと、皮脂が剥がれ落ちやすくなってしまいます。

できれば柔らかいふわふわのタオルを使うのがベストです。

そのタオルで優しく押さえ拭きをすることでお肌を傷つけることはありません。

3.「洗顔後化粧水はすぐに塗る」
洗顔後はどんどん乾燥が始まっています。

そのまま何も塗らずにいるとお肌は水分が足りずに乾燥してしまいます。

ですから、洗顔後はいち早く化粧水を塗ることが大切です。

すぐに濡れるように近くに置いておくといいですね。

4.「化粧水はたっぷり」
化粧水を塗っていても少しだけでは全然意味がありません。

たっぷりと塗ることでお肌の中まで水分が行き、しっかりと保湿され乾燥しにくくなります。

化粧水後は乳液などの油分で乾燥しないようにしっかりと蓋をすることで乾燥を防ぎます。

このように日々していることをちょっと気をつけるだけでも乾燥は防ぐことができるので、一度見直してみてください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑